So-net無料ブログ作成

会津西山温泉滝の湯(2) [会津西山温泉滝の湯]

では続けて内湯。
1.jpg
まずは到着時に男湯となっていた向かって右側の浴室へ。
2.jpg
3.jpg
脱衣場は簡素。脱衣場の壁は上が抜けていますから、会話可能。
4.jpg
5.jpg
こちらのお湯は露天風呂と同じく81度の荒湯源泉。浴室はまだまだ寒い時期だったので湯気が籠もります[あせあせ(飛び散る汗)] 写真には不向き極まりないですが、お風呂なんだから当然といえば当然。石の浴槽の手前側にだけ、なぜか木の枠が上置されています。この下からはお湯が溢れず、お湯は下の写真の手前側、つまりお湯の注入口がある側からのみ溢れていきます。
6.jpg
7.jpg
お湯は無色透明、少しだけイオウ臭がありますが、新鮮な掛け流しのお湯そのものは、それほど強い臭いではないです。で壁側の浴槽の縁を見ると、
8.jpg
温泉成分の結晶がかなり堆積しています。しかもトゲトゲしくて、触ると痛いです。木枠が設けられた下の部分にもじつはこうした結晶が堆積。とても腰掛けられない状態なのです。だから上に木枠をはめて、腰掛けられるように細工したのでしょう。
9.jpg
それに比して湯船からお湯が溢れる部分は、こうした結晶が削り取られています。だからその分浴槽の縁が低くなっており、したがってお湯が流れていくわけです。
10.jpg
源泉を加水せずに掛け流しているので、お湯はかなり熱め。とにかく最初はかき混ぜて浴槽の上の激熱のお湯を下にまで行き渡らせます。するとなんとか入れる状態になりました。
11.jpg
カランも温泉成分の影響で黒々。でもちゃんと使えますからご安心を。
12.jpg
源泉は1カ所からちょろちょろと。それなりの量を、注入口を広げることで少しでも空気に触れて冷まそうとしているのでしょう。
13.jpg
14.jpg
そんな注入口には白い湯の花が形成されています。湯船にも少しはこういうのがあります。荒湯源泉のほうは白い湯の花となっているのが特徴でしょう。

さてもう一方の浴室へ。
15.jpg
こちらも脱衣場は簡素。
16.jpg
17.jpg
浴室の形は左右対称といった感じで、ほとんど変わりません。でも木枠がない。
18.jpg
19.jpg
こちらのお湯は84度の滝の湯源泉掛け流し。この源泉はこの浴槽のみで利用されています。荒湯源泉と比較すると、こちらのほうが明らかにぬるつる感が高いです。トロトロなお湯加減を感じることができる、絶品のお湯だと思いますよ[るんるん] そんなお湯が浴槽の脇からどんどん溢れていきます。
20.jpg
こちらも温泉成分の結晶が少しはありますが、荒湯ほどではないようです。
21.jpg
カランはやっぱり黒々。
22.jpg
23.jpg
対岸から黒いパイプを通して2種類の源泉がこの内湯目指して送られてくるのが実感されます。
24.jpg
こちらも激熱なのでちゃんとお湯をかき混ぜてから。そうすると不思議なほどちゃんと入れますよ。
25.jpg
26.jpg
こちらの注入口は赤褐色に変色。湯の花もそんな色合いのものが。湯船にも小さな茶褐色の湯の花が舞います。そしてしょっぱいです。荒湯と比べるとイオウ臭も強いように感じるし、加えてガソリン臭のようなものも。そんな複雑なお湯で、なおかつ、ぬるつる感を実感できます。いいーーーお湯でした[揺れるハート]
27.jpg
そんな滝の湯源泉の浴室は宿泊した部屋から見えます。左端の低いところがその浴室です。
タグ:温泉 福島県
nice!(88)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

nice! 88

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
えつたろう

秘湯を守る会の宿だったのですねー
どんな宿が知りたかったので楽しみです。
お湯がよさそうですね。
激熱だと夏は厳しいですが、冬はちょうどよいかな。
お風呂が充実していると良いですよね。

by えつたろう (2014-06-29 21:22) 

鴨ミール

脱衣場は本当に簡素ですね。
秘湯、って感じです(^^;)
露天も内湯も、さすがに泉質が良さそうですね。
源泉が熱いのは、ぬる湯好きには困りますが・・・。
でも2つの源泉が楽しめるのは、とても素敵ですね。
どちらも温まりそうです。
ケロリン桶がこういう温泉には似合いますね!
by 鴨ミール (2014-06-29 21:55) 

遠霞(とおがすみ)

>えつたろうさん
そうです、秘湯のスタンプ宿です。だからずいぶん前にも1度泊まっているのです。そんなわけでどんなお宿か、という不安感はなかったのです。浴槽はそれほど大きくないので混雑すると厄介ですが、とにかくお湯はとってもいいと思います。最初は熱すぎてかき混ぜないと入れませんが(^^;
by 遠霞(とおがすみ) (2014-06-30 11:52) 

遠霞(とおがすみ)

>鴨ミールさん
そうです、素っ気ないくらい簡易な脱衣処です(笑)。でもお湯を楽しむだけならこれで十分であるような気がします。お湯はかなり熱めなので、入る前に相当程度かき混ぜて、上と下の温度差をなくさないと、無理です。でもそうすれば入れるんですよね、これが。宿の女将さんも、かき混ぜれば入れるんですよ、と笑っておられました。でもやっぱり熱いです。
滝の湯源泉は、とくにぬるつる感が強くて、いい温泉だーーー♪ と思いました。2種の源泉はどちらも無色透明ながら、肌触りはまったく異なるので、比較してみるととっても楽しめますよ。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-06-30 11:57) 

ヒロ

ううう~~~、温泉行きたい!
あと1か月、待ちきれない!
なんて魅力的な画像の数々・・・・罪なことをしてくれますな、遠霞さん・・・

by ヒロ (2014-06-30 20:40) 

遠霞(とおがすみ)

>ヒロさん
あと1ヶ月待ちですか、、、、たしかに、長いですねぇ。その間に今度は食事編もアップして、ますますいやがらせをしないと(笑)
そしてGWに行ったお宿のアップも立て続けに、、、、なーーんて。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-07-01 17:31) 

pooh

こんばんは(^_^)
ヒロさんと同じく、温泉へ行きた~いです(笑)
白い湯の花、硫黄の香り漂う温泉はとくに好きです。先週、ちょっとした事故で肩と腰を痛めてしまったので、しばらく湯治へ行きたい気分ですが、仕事が忙しく休めません(^_^;)
来月ですが、母のおともで鹿児島旅行へ行ってきます。九州新幹線に乗りたいと母の希望で、たまの親孝行で一緒に♪ その代わり、温泉付きのホテルを予約しました。ゆっくり温泉に浸かるのが楽しみです。
by pooh (2014-07-01 21:56) 

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
脱衣所がいい感じですね✿
ムカシの銭湯ってこんな風だったことを
思い出しました(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2014-07-02 07:56) 

遠霞(とおがすみ)

>poohさん
こんばんは。やっぱりお仕事お忙しいようですし、またお体の調子もよろしくないようですが、大丈夫でしょうか。肩と腰、お大事になさってください。そうした痛みには、たしかに湯治がいいような気もします。
来月には鹿児島旅行、しかも温泉ありという楽しみがおありになるんですね。さらに九州新幹線にも乗れるなんて。ウチからは遠すぎるので、九州新幹線に乗る機会はほとんど考えられないので、九州新幹線に乗ること自体、羨ましい限りです。ゆっくり楽しめるといいですね。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-07-02 22:39) 

遠霞(とおがすみ)

>ちゅんちゅんちゅんさん
こちらの脱衣所は至ってシンプルでした。でもたしかに昔の銭湯って、こんな感じだったかもしれないなぁと、いろいろ記憶を遡ってます。
by 遠霞(とおがすみ) (2014-07-02 22:40) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。